葬儀で花を贈る場合のマナーとは

葬儀で花を贈ることを供花といい、死者の霊を慰めると同時に祭壇や会場を飾る意味があります。

この供花を葬儀の際に見たことがある人は多くいるはずですが、贈る場合にはマナーがあるのは知らない人も多いかもしれません。

葬儀の際に花を贈るマナーについて、説明して行きます。

葬儀に手配する際には花屋さんか葬儀社に依頼することになります。

まずは、葬儀会場に電話をしてどこの業者が担当しているかを確認し、その後にその業者へ連絡し注文します。

供花は、一般的に遺族や親族や故人と親しかった人が贈ります。

もし友人一同や会社ごとの名義で贈る場合には、故人に近い親族が取りまとめていることもよくあります。

そのため、まずは故人の親族の方に花を贈りたいという趣旨を伝えてみてください。

また何を贈るかを宗教によって異なりますから事前にお葬式の形式について、遺族の方に確認する必要があります。

もし仏式や神式の場合には、贈るのは菊や蘭、百合などの白い物になります。

白をメインにして飾る際にも華美にならないように調整します。

キリスト教の場合には、ユリやカーネーションなどを選びます。

仏式で選ばれる菊はほとんど使用されることは、ありませんから注意が必要です。

お葬式は、多くの場合に教会で行われるので自宅で運びやすいようにバスケットに入れた物を贈ります。

また贈るタイミングですが、一般的にはお通夜の前に会場に届くように贈ります。

あまり早めに届けてしまうと「すでに準備していた」と思われてしまい悪い印象を与えてしまうおそれがありますので、注意が必要です。

そのため周囲から事前に訃報を聞いていても、準備は自分が訃報を受けてからで構いません。

せっかく贈った供花もマナーを間違ってしまうと、ご遺族に悪い印象を持たれてしまいます。

相手に対する配慮をし、マナーを間違えないようにして贈ることが大切です。

特にあまり高い物を贈ってしまうと、ご遺族に気を遣わせてしまうので常識の範囲内で選びましょう。

引越し祝いのマナーとタブー

家族や友人などが引越しをしたときには、新生活の始まりを祝いこれまでの感謝を伝えるために引越し祝いをおくることがあります。そこで気をつけておきたいのがマナーとタブーです。現金を送るときには、ご祝儀袋に表書きで「御祝い」や「「御転居御祝い」などと書いておきます。ただ、進学・結婚・栄転などであれば、引越しよりもそちらをお祝いしたほうがいいので、表書きは変えたほうがいいです。金額については家族であれば多くて10万円、親戚は5万円、友人や会社の同僚は3000円から1万円位が相場です。

現金以外のギフトについては、新居で使ってもらえそうなインテリアや日用品、家電などが最適です。日用品であれば、普段は購入しにくい高級品にしておくと喜ばれます。家電はすでに持っているものと重ならないように、事前に下調べをしてください。お菓子のギフトもいいのですが、荷解きや役所での手続きなどで忙しいでしょうから、生活が落ち着くまで食べられないかもしれません。それを踏まえて、なるべく日持ちがするもののほうがいいです。

逆にタブーとなるギフトは、縁起の悪い品です。新居での暮らしをする中で、絶対に避けたい火事を思わせる品は縁起が悪いといわれいます。たとえばアロマキャンドルやお香など火を使うものは、リラックスできるということで好む人が多いですが、引越し祝いとして贈るときには避けたほうがいいです。あと鳥をモチーフにした絵画や彫刻などは、「飛ぶ鳥を落とす」という言葉が連想できるので門出にはふさわしくないと考えられています。仏花やお茶などは弔事に使われるものですから、やはり御祝いにするべきではありません。

縁起がよいとか悪いという問題ではなく、物理的に問題がありそうなものもタブーです。たとえば掛け時計などは、新築物件や賃貸物件の壁に穴を開けなければいけなくなります。壁の穴はあとになって、修繕しなければいけなくなることもあり、相手に迷惑をかけます。”

葬:葬儀のマナー・豆知識

自分の身内や知人が亡くなった時に葬儀に参列しますが、葬儀は冠婚葬祭の1つで、その葬儀に参列するにあたってマナーが大事です。不謹慎な行動をとる気持ちがなくても、マナー違反となる行為をしてしまうと、周りの人々から非常識な人と認識されしまいますのでマナーには気を付けましょう。まず、服装に関しては、男女で共通しているかと思いきや実は違いがあり、男性なら黒のスーツと黒のネクタイと黒の靴でワイシャツは白無地を着用するのがマナーですが、女性は黒又は地味な色のスーツかワンピース、ストッキングは黒か肌色という風に、違いがあるのです。

ただし、いくら地味な色であればいいとは言っても、準備できる時間があれば黒を着用して参列するのが礼儀とも言われています。なお、突然の訃報で会社帰りなどで参列するケースもあり、その場合には、平服でも構いませんが、この場合にも着替える時間が多少あるのであれば、黒を着用する方が良いです。そして、葬儀で受付をする時は、ハキハキとした声ではなく、聞き取りづらい声で挨拶をしなければなりません。ハキハキとした声で挨拶をしてしまうと、悲しみが伝わらず非常に不謹慎と捉えられるため、挨拶に関するマナーはとても大事なのです。

葬式では、焼香を行いますが、焼香では宗派によって回数が異なりますがその他の行為は共通しています。さらに、数珠を手にかけて焼香と合掌を行いますが、数珠の長さにも種類があり、その種類によってこれらの行動が異なるので注意する必要があります。これらも間違えてしまいますと、マナー違反になってしまうのです。なお、やむを得ず葬儀に参列できない場合には、弔電を当日参列する代理人に名刺を持たせて渡すか、当日に渡せない場合には後日にお悔やみ状を故人の親族に送付します。これもマナーの1つです。様々な場面で説明しましたが、葬儀では、故人との最後のお別れを告げるとても厳粛な式であるため、これらのことを守るようにしましょう。

社会人なら知っておきたい結婚式でのマナー

結婚式に招待された時には、気を付けておきたいマナーが色々あります。まずは、基本的なことですが遅刻は絶対にしてはいけません。電車やバスなど交通機関のせいで遅れるような場合には、会場に電話をして伝えておくようにしましょう。新郎新婦は忙しくて連絡が取れないこともありますから、会場に連絡するのがおすすめです。

それから服装も冠婚葬祭などフォーマルな場に相応しいものを選ぶ必要があります。男性の場合はスーツですが、派手な色や柄物は避けた方が無難です。白いスーツは新郎とかぶってしまうのでおすすめできません。

それから女性の場合には、着物やフォーマルなドレス、ワンピースなどが結婚式に相応しい服装になります。あまり露出の多い服はフォーマルな場には相応しくありません。着物の場合には、振袖や訪問着などがあります。未婚の女性が振袖を着ると会場が華やかになるので、喜ばれることも多いようです。それから白いワンピースやスーツは、避けるようにしましょう。白は花嫁の色なので控えるのがマナーとされています。靴はヒールのあるパンプスが無難です。フラットシューズはカジュアル過ぎますし、ブーツやサンダルなども相応しくありません。黒いドレスなどはマナー違反ではありませんが、それだけだと暗い印象になってしまうのでアクセサリーなどで華やかにするといいかもしれません。

ただし、レストランウェディング等カジュアルな雰囲気のパーティのような場合には、もう少しくだけた装いで大丈夫なこともあります。同じレストランウェディングでも会場によって全く雰囲気が異なるので、カジュアルな服装で行くと場違いになってしまうこともあるので注意が必要です。

ご祝儀を包む際には、折れたり型崩れしたりしないように袱紗に包んでいくのがおすすめです。ご祝儀を渡す時にはお祝いの言葉を添えて手渡すようにしましょう。ご祝儀には新札を使用するのがマナーなので、それも事前に用意しておきます。

夏場のスーツの下に適したインナーの服装のマナー

スーツの下に着るワイシャツやネクタイなどは、様々な種類があるためシーンや季節に合わせて選ぶことができます。

夏場問題になるのがスーツの下に着るインナーです。スーツのインナーは、おしゃれを左右するポイントの1つになります。

高温多湿な日本ではインナーを着ないという人もいますが、汗をかいたときにワイシャツが肌に張り付いて見た目としても相手に不快感を与えてしまうことがあるため、ビジネスマナーとしてインナーを着ることが良しとされています。

しかし、意外と気にしていないという人も多く、実はマナー違反となってしまっている可能性も考えられます。身だしなみをきちんと整えるためにも、インナーまで整えることが大切です。

ワイシャツの下に着ることのできるインナーは半袖、長袖、タンクトップ、ノースリーブの4つに分けることができます。

ビジネスシーンでは、オールシーズン使い回しすることのできる半袖が最適です。一見タンクトップやノースリーブは夏場に良いのではないか、という人もいますが、熱がこもりにくく涼しいというメリットがありますが、汗をかくと脇に汗じみができてしまうため避けたほうが無難と言えます。

インナーは白色が基本となります。インナーの服装マナーとして、シャツから透けないようにすることがポイントですので、清潔感があり透けにくい白が基本色となります。

また、近年ではシャツから透け肉としてベージュやライトグレーも人気になってきています。

インナーを着る場合には、襟の部分にも気をつけます。インナーには丸首とVネックの2種類がありますが、ビジネスシーンではどちらも問題なく着れます。ただし、ワイシャツからインナーが見えないようにノーネクタイの時には丸首はきないようにします。

夏場クールビズをしている職場も増えてきています。ジャケットを着ずに過ごす、逆にスーツを着るという場合には涼しく過ごすことのできる冷感インナーを着用することもオススメです。

ワイン初心者が知っておきたいワインのマナー

ワインを楽しむため、いろいろなマナーが存在しています。女性ならではのものもあり、大人の女性として理解しておきたい作法がいくつかあるのでご紹介します。男性の場合も自分で自分のグラスに注ぐのは良くなく、男性以上に女性にとっても違反になるので注意が必要です。女性が他の人にお酌するのも違反になり、ビールと少し違うの注意しましょう。必ず同席した男性やソムリエなどに注いでもらったり、サーバーに注いでもらいます。

これは女性の服を汚さないようにする配慮から生まれたもので、紳士的な作用になるでしょう。ワインを飲む場合、女性は口紅を付けていることが多いですが、グラスに口紅が付くことははしたないことになります。過剰に神経質になることはありませんが、気になるならきちんとふき取ることが大切です。その際グラスに付いた口紅は親指と人差し指を使い、スムーズにふき取ります。口紅を取った指はナプキンなどできれいに拭いておくとスマートです。

通常オーダーしたらテイスティングを行う流れになりますが、テイスティングの目的は選んだ種類がおいしいかどうかではなく、選んだ種類に問題がないかを確認することになります。大きな問題がないのにテイスティングした後、違う種類に交換してもらうは難しいことでこれはマナー違反です。注文したワインがテーブルに来たらラベルをチェックしたり、オーダーしたものかきちんと確認していきます。

ソムリエはワインの栓を開けるとコルクなどに異常がないかチェックすることが可能です。コルクをチェックする作業はソムリエが行います。基本的にオーダーした人は特に何もしなくて良いので、例えばコルクの香りを嗅ぐような行動をとってはいけません。ワインの色や香り・味などを確認するとテイスティングが終了します。特に問題がなければソムリエに結構ですと、一言伝えればそれで完了します。特に難しいことはなく、過度に上品な振る舞いをする必要もありません。リラックスしながらその場を楽しむことが大切です。”

タクシーに乗る際の座席についてのマナーはありますか?

タクシーに乗る際にどのような順番で乗ったらよいのか、座席はどうなっているのかマナーについて疑問に思うことがあります。

タクシーの場合、一番の上座は運転席の後ろとなります。その次に助手席の後ろ、後部座席の中央となっていきます。4人乗るようであれば一番の下座は運転席の隣です。運転席の隣は一番広くゆったりとしていますが、この場所は下座となるので注意が必要です。そして3人乗る場合は後部座席の中央にはマナーとして座りません。

4人乗りや3人乗りの際、なぜ下座の人が助手席に座るかと言えば、料金の支払いをする、行き先を案内するということが理由です。もし同等の立場であっても、幹事などを務めている場合は助手席に座ると良いでしょう。そしてタクシーの料金も一度は自分で支払い、タクシーから降りたら割り勘の作業を行うようにします。

もう一つ忘れてはならないマナーがあります。それは、このように上座の人が運転席の後ろに座るのがマナーだとしても、その方が拒否をした場合、無理やり座らせるは控えることです。運転席の後ろは景色が見えない、酔いやすいといった理由から嫌がることも多く、積極的に運転席の横に座ってしまう方もいます。どのような理由で上座に座りたくないのかを深く追求せずに、相手の方の意向に寄り添うことが大切になります。

なお、社用車を利用して一緒にいる人が運転をする場合は助手席が上座です。ですが、取引先などでお客様になる方が運転をする場合は、敬意をこめて助手席に座りますし、上司が運転をし、お客様を乗せる場合はお客様が後ろの座席、そして自分自身は助手席に乗るようになります。車によっても違いがありますし、マナーはしっかりと押さえながら、相手の方の希望に添うことが大切ですので、相手の様子をよく見るようにしましょう。

そしてタクシーに乗っている間は、その場の雰囲気もとても大切ですから自分のことばかりを行うのではなく、積極的に話をし、場を盛り上げることも必要です。