ワイン初心者が知っておきたいワインのマナー

ワインを楽しむため、いろいろなマナーが存在しています。女性ならではのものもあり、大人の女性として理解しておきたい作法がいくつかあるのでご紹介します。男性の場合も自分で自分のグラスに注ぐのは良くなく、男性以上に女性にとっても違反になるので注意が必要です。女性が他の人にお酌するのも違反になり、ビールと少し違うの注意しましょう。必ず同席した男性やソムリエなどに注いでもらったり、サーバーに注いでもらいます。

これは女性の服を汚さないようにする配慮から生まれたもので、紳士的な作用になるでしょう。ワインを飲む場合、女性は口紅を付けていることが多いですが、グラスに口紅が付くことははしたないことになります。過剰に神経質になることはありませんが、気になるならきちんとふき取ることが大切です。その際グラスに付いた口紅は親指と人差し指を使い、スムーズにふき取ります。口紅を取った指はナプキンなどできれいに拭いておくとスマートです。

通常オーダーしたらテイスティングを行う流れになりますが、テイスティングの目的は選んだ種類がおいしいかどうかではなく、選んだ種類に問題がないかを確認することになります。大きな問題がないのにテイスティングした後、違う種類に交換してもらうは難しいことでこれはマナー違反です。注文したワインがテーブルに来たらラベルをチェックしたり、オーダーしたものかきちんと確認していきます。

ソムリエはワインの栓を開けるとコルクなどに異常がないかチェックすることが可能です。コルクをチェックする作業はソムリエが行います。基本的にオーダーした人は特に何もしなくて良いので、例えばコルクの香りを嗅ぐような行動をとってはいけません。ワインの色や香り・味などを確認するとテイスティングが終了します。特に問題がなければソムリエに結構ですと、一言伝えればそれで完了します。特に難しいことはなく、過度に上品な振る舞いをする必要もありません。リラックスしながらその場を楽しむことが大切です。”