葬:葬儀のマナー・豆知識

自分の身内や知人が亡くなった時に葬儀に参列しますが、葬儀は冠婚葬祭の1つで、その葬儀に参列するにあたってマナーが大事です。不謹慎な行動をとる気持ちがなくても、マナー違反となる行為をしてしまうと、周りの人々から非常識な人と認識されしまいますのでマナーには気を付けましょう。まず、服装に関しては、男女で共通しているかと思いきや実は違いがあり、男性なら黒のスーツと黒のネクタイと黒の靴でワイシャツは白無地を着用するのがマナーですが、女性は黒又は地味な色のスーツかワンピース、ストッキングは黒か肌色という風に、違いがあるのです。

ただし、いくら地味な色であればいいとは言っても、準備できる時間があれば黒を着用して参列するのが礼儀とも言われています。なお、突然の訃報で会社帰りなどで参列するケースもあり、その場合には、平服でも構いませんが、この場合にも着替える時間が多少あるのであれば、黒を着用する方が良いです。そして、葬儀で受付をする時は、ハキハキとした声ではなく、聞き取りづらい声で挨拶をしなければなりません。ハキハキとした声で挨拶をしてしまうと、悲しみが伝わらず非常に不謹慎と捉えられるため、挨拶に関するマナーはとても大事なのです。

葬式では、焼香を行いますが、焼香では宗派によって回数が異なりますがその他の行為は共通しています。さらに、数珠を手にかけて焼香と合掌を行いますが、数珠の長さにも種類があり、その種類によってこれらの行動が異なるので注意する必要があります。これらも間違えてしまいますと、マナー違反になってしまうのです。なお、やむを得ず葬儀に参列できない場合には、弔電を当日参列する代理人に名刺を持たせて渡すか、当日に渡せない場合には後日にお悔やみ状を故人の親族に送付します。これもマナーの1つです。様々な場面で説明しましたが、葬儀では、故人との最後のお別れを告げるとても厳粛な式であるため、これらのことを守るようにしましょう。