引越し祝いのマナーとタブー

家族や友人などが引越しをしたときには、新生活の始まりを祝いこれまでの感謝を伝えるために引越し祝いをおくることがあります。そこで気をつけておきたいのがマナーとタブーです。現金を送るときには、ご祝儀袋に表書きで「御祝い」や「「御転居御祝い」などと書いておきます。ただ、進学・結婚・栄転などであれば、引越しよりもそちらをお祝いしたほうがいいので、表書きは変えたほうがいいです。金額については家族であれば多くて10万円、親戚は5万円、友人や会社の同僚は3000円から1万円位が相場です。

現金以外のギフトについては、新居で使ってもらえそうなインテリアや日用品、家電などが最適です。日用品であれば、普段は購入しにくい高級品にしておくと喜ばれます。家電はすでに持っているものと重ならないように、事前に下調べをしてください。お菓子のギフトもいいのですが、荷解きや役所での手続きなどで忙しいでしょうから、生活が落ち着くまで食べられないかもしれません。それを踏まえて、なるべく日持ちがするもののほうがいいです。

逆にタブーとなるギフトは、縁起の悪い品です。新居での暮らしをする中で、絶対に避けたい火事を思わせる品は縁起が悪いといわれいます。たとえばアロマキャンドルやお香など火を使うものは、リラックスできるということで好む人が多いですが、引越し祝いとして贈るときには避けたほうがいいです。あと鳥をモチーフにした絵画や彫刻などは、「飛ぶ鳥を落とす」という言葉が連想できるので門出にはふさわしくないと考えられています。仏花やお茶などは弔事に使われるものですから、やはり御祝いにするべきではありません。

縁起がよいとか悪いという問題ではなく、物理的に問題がありそうなものもタブーです。たとえば掛け時計などは、新築物件や賃貸物件の壁に穴を開けなければいけなくなります。壁の穴はあとになって、修繕しなければいけなくなることもあり、相手に迷惑をかけます。”