葬儀で花を贈る場合のマナーとは

葬儀で花を贈ることを供花といい、死者の霊を慰めると同時に祭壇や会場を飾る意味があります。

この供花を葬儀の際に見たことがある人は多くいるはずですが、贈る場合にはマナーがあるのは知らない人も多いかもしれません。

葬儀の際に花を贈るマナーについて、説明して行きます。

葬儀に手配する際には花屋さんか葬儀社に依頼することになります。

まずは、葬儀会場に電話をしてどこの業者が担当しているかを確認し、その後にその業者へ連絡し注文します。

供花は、一般的に遺族や親族や故人と親しかった人が贈ります。

もし友人一同や会社ごとの名義で贈る場合には、故人に近い親族が取りまとめていることもよくあります。

そのため、まずは故人の親族の方に花を贈りたいという趣旨を伝えてみてください。

また何を贈るかを宗教によって異なりますから事前にお葬式の形式について、遺族の方に確認する必要があります。

もし仏式や神式の場合には、贈るのは菊や蘭、百合などの白い物になります。

白をメインにして飾る際にも華美にならないように調整します。

キリスト教の場合には、ユリやカーネーションなどを選びます。

仏式で選ばれる菊はほとんど使用されることは、ありませんから注意が必要です。

お葬式は、多くの場合に教会で行われるので自宅で運びやすいようにバスケットに入れた物を贈ります。

また贈るタイミングですが、一般的にはお通夜の前に会場に届くように贈ります。

あまり早めに届けてしまうと「すでに準備していた」と思われてしまい悪い印象を与えてしまうおそれがありますので、注意が必要です。

そのため周囲から事前に訃報を聞いていても、準備は自分が訃報を受けてからで構いません。

せっかく贈った供花もマナーを間違ってしまうと、ご遺族に悪い印象を持たれてしまいます。

相手に対する配慮をし、マナーを間違えないようにして贈ることが大切です。

特にあまり高い物を贈ってしまうと、ご遺族に気を遣わせてしまうので常識の範囲内で選びましょう。