結婚式でのテーブルマナー

ゲストとして結婚式へ行く際には、テーブルマナーをしっかりと押さえておくことが大切です。まずナプキンについて見ていくと、基本的には二つ折りにして膝の上に置いておくようにしましょう。首から掛けて使用されることもありますが、特別に作られたナプキンならまだしも、通常の物は膝に置いて使用します。万能だからとテーブルやグラスなどを拭くのはNGです。手や口を拭くための物ですので、その他の用途への使用は控えます。なお、汚れものですので、一時的に席を立つ時は、テーブルには置かず背もたれや椅子の上に置いておきます。

フォークなナイフなどのカトラリーの使い方にもポイントがありますが、基本は外側から順番に使っていくことです。料理が出てくる順番に合わせてカトラリーも並べられていますので、内側から使うなどすると狂ってしまいます。食事中にフォークなどを置く際には、ハの字になるようにしておきましょう。これによってまだ食事中というサインになります。また、ナイフの刃は内側に向けておくのがマナーです。逆に食事を終えた場合は、柄を手前とし、4時の方向に揃えて斜めに置いておくようにします。その時も刃は内側に向けます。

ドリンクについてのマナーとして、注がれる時は手に持たずにテーブルに置いておきましょう。グラスがいくつか並べられていますが、サービス係が適したものを使ってくれますので任せておけば安心です。もしドリンクがいらない場合は、グラスの上に手をかざすようにすればOKです。

食事をする際のペースについてもマナーがあり、できれば周りの人と食べる速度を合わせるのが望ましいです。周囲にも気を配りながら食べ進めていくようにしましょう。食事は目上の人が手を付けたのを確認してから自分も食べ始めるのがベターと言えます。カトラリーでかちゃかちゃと音をたてたり、スープをすすって飲んだりするのはマナー違反ですので、音にも注意しながら食べ進めることが大切です。