覚えておきたい中華料理のマナー

飲食店の中でも、人気なのが中華料理のお店です。中華料理というと、ワイワイみんなでテーブルを囲んで食べるイメージで、厳格なマナーなどはそこまでないように思えますが、実は気を付けなければいけない点がいくつかあります。

まずは回転台のマナーからです。円卓の場合は回転台が真ん中に設置してあるので、くるくる回して自分で食べたいものを取って食べていきます。他の人に取り分けをするのは実はマナー違反になります。ですが、お客さんに取ってもらうのに抵抗があるという場合はお店の人に頼んで分けてもらうという手もあります。ここで気を付けるのは、自分から遠くにあるものを立ちあがって取らないようにするということです。必ず座ったまま台を回して取るようにしましょう。基本的に時計回りの向きで回すのが良いと言われていますが、取りやすい近い方に回しても問題ないと言われています。

中華料理でよく聞くのが、お腹いっぱいになったという意思をあらわすために、料理は一口分残さなければいけないというマナーです。ですが、こちらは自分の取った分を残すのではなく大皿の分をほんの少しだけ残すということになります。ただ、やはり少しでも残すのはもったいないと感じる場合、日本の中華料理店であれば無理にマナーにのっとる必要はないかと思います。あとは、どの料理でもそうですが、綺麗に食べるということを意識しましょう。たとえば取り皿は持ち上げてかっこむのではなく、テーブルに置いたままレンゲなどですくって食べるようにします。麺類に関してもレンゲに取ってから食べるようにします。スープも、音をたてて飲むのはあまり良くありません。

他に、飲茶のお店などであれば食前に自分で食器を洗うというルールがあったりしますが、それは昔のルールなので今は適応されていないということもあります。中国茶が出された場合、少なくなったらお湯を継ぎ足してもらうので、フタをずらして置いておくというサインもあるので覚えておくと良いでしょう。

少しのマナーに気を付けて、中華料理をみんなで美味しく食べましょう。