社会人なら知っておきたい弔事でのマナー

社会人は冠婚葬祭に出る機会も多いので、しっかりマナーを覚えておくと恥ずかしい思いをしなくて済みます。とくに弔事はいつ起こるか分からないので、何をすれば良いか分からないという人は早めに覚えておくようにしましょう。宗教や宗派によってマナーが違うので、可能な限りたくさん覚えておくとどんな場面にも対応できるため安心です。弔事に参加する際は香典袋を用意する必要があるため、まずどの宗教の人なのか確認することが重要と言えます。

仏教であれば袋に御香典や御香料と書けば良いですが、他の宗教は違った書き方をしなければならないので間違えないようにしましょう。どうしても相手の宗教が調べられないというときは御霊前と書けば大丈夫なので、あまり親しくない人の葬儀でも安心して参加できます。使用する袋の種類にも要注意で、相手が仏教だと確信できないときは蓮が描かれていない物を購入してください。家に余っている物があるからと仏教以外の葬儀に使用すると失礼になるので、無い場合は新しく買う必要があります。仏教であればどの宗派でも蓮の絵が描いたものを使用できるので、相手の家に仏壇があるのは知っているけれど詳しい事はよく分からないというときも利用する事が可能です。表書きの下に書く名前は、名字だけではいけないので全て記入するようにしましょう。

葬儀の際に着る喪服は男性は黒いスーツとネクタイに白いシャツ、女性は黒いスーツの他にワンピースを選択できます。靴下やストッキングも黒を使うので、普段使用しないから持っていないという人はいざというときのために家に一足は用意しておくと安心です。女性の場合は持って行く鞄やアクセサリー、髪型などにも気を付ける必要があるため、大勢の人が集まるからと言って普段外出するときのようなおしゃれをしないように気を付けてください。仏教だと葬儀のときに焼香もありますが宗派によって何回やるかが違うので、その場に合った回数だけ行う事が重要です。