身だしなみのマナー

他人から見て不快にさせてしまうことが無いように、最低限のマナーを身に付けておくことは欠かせません。学生や未成年者の場合はそれほど気にする必要もありませんが、社会に出てビジネスマンとして仕事をしているような方は、特に身だしなみには注意が求められます。会社での立場、取引き先との関係性、年齢や役職により多少の違いはあるものの、ビジネス上で必要な身だしなみのマナーは共通している部分は沢山あります。単に着衣に関することだけではなく、顔を含めた全身を上げることができるので、その内容をチェックしてみることは後々に役立ちます。

顔の身だしなみはヘアスタイルがあります。ビジネス上では華美なヘアスタイルは好まれない傾向にあり、長過ぎたり寝癖が付いたまま、前髪が綺麗に整っていない状態では問題が出てしまいます。カラーの問題もあり、現在ではおしゃれに染髪している人も増えていますが、ビジネス上のマナーでは茶髪は勿論、他のカラーに染めることはNGと考えて間違いではありません。男性であれば髭を綺麗に剃ることも基本です。業界によってはこだわらないという事例もありますが、髭を伸ばしている場合でも、不快感を与えないように綺麗に整えることは欠かせません。

女性の場合はメイクを上げることができます。自然的な見栄えでノーメイクの方が好感度が上がると考えてしまう方もいますが、ビジネス上ではメイクは必須と考えられます。後は着衣に関することがあり、ビジネスマンのケースではスーツ着用を基本としています。年齢に相応しい色やデザインのものを選ぶことが必要なので、例えば若手の方の場合は派手では無く落ち着きのあるシンプルなスーツの着用が求められます。スーツに付随する身だしなみのマナーでは、シューズも重要なアイテムです。相手先企業へ商談に行くような際には、シューズを脱ぐという場面もありますが、履きやすいという理由でスニーカーを利用することもNGです。スーツに合わせるためにも、品格を保つためにもビジネスシューズを履くことは欠かせないマナーです。