においの豆知識:香水とマナー

自分の体臭やにおいを気にして香水を使用することがあります。自分が選ぶものは自分が好きな香りですから、問題はなく、自分にとって快適に過ごせる、おしゃれのために必要なものとなります。しかし他人も同じにおいを好むかというと、そうでもありません。あまり好きでない香りがきつい場合、多くの人達は不快な思いをすることになります。

香水を使うことは悪いことではなく、うまく使うとおしゃれなイメージになりますのでおすすめできます。

しかし自分中心で多く使いすぎたり、強いにおいのものを使用する場合には、マナーをわきまえることが必要になります。

香水を使用する時には、使用量に注意を払います。使いすぎないことを頭に入れながら、さっとふりかける気持ちで使います。

また使用する際に、適さない場所があることをわきまえておきます。

たとえば葬儀やお通夜の場所では香りのするものはつけないことがマナーになっています。また病院へお見舞いに行く際にも、使用することは避けておきます。狭い病室でにおいの強い香水によって、体調を悪くする人達もいますので気をつけます。妊娠中の人と会う場合や、自宅にそういった女性がいる場合には、香りに敏感になっていますので、強く香りのするものは控えるようにします。香りによって体調を悪くする人もいますので、思いやりをもつことが必要です。

また食事会などで、食事を味わうことが目的の場合には、強いにおいのする香水は控えるようにします。食べ物の味や香りが損なわれることになるからです。

さらには毎日の職場で、香水のにおいがきついと多くの人達に迷惑をかけることになります。クセのない、強すぎない香りのものをさりげなくつけるなどをポイントにします。

香水をつける時には、他人がどう感じるかを意識することが大切です。強い香りや多くつけすぎることを避けると、不快な感じを与えなくなります。マナーをわきまえて、快適に過ごせるよう、注意をすることが必要なことです。