新人社員が押さえておきたいお辞儀とあいさつのマナーのまとめ

新入社員であるからといって特別のお辞儀の仕方やマナーがあるわけではありません。一般社会人としてのあいさつやマナーが身についていることを求められるということです。ですが、大学や高校のようにいうなれば同世代の者同士で同じ様な価値観を持ち、一定のルールの中で日々を送っていればある程度自由に生きることを認められていた社会とは違って、それまでの常識が通用しない場合が生じてくるということが問題になるわけです。

先ず、あいさつには言葉によるものと態度で表すものとあげられます。例えば上司等から声をかけられた時、はっきり明るい声で「はい」の返事をします。その時はしっかり相手の方に向いて応答します。くぐもった声であったり、呼ばれているのにそのまま突っ立ているのでは困ります。

次にお辞儀ですが、これには真、行、草の三つの型tがあるということを説明します。茶道等ではよく稽古させられますが、特殊なお辞儀ではなく一般社会においてもこれをマスターし、上手に出来ればスマートに見えます。真のお辞儀は一番丁寧なお辞儀で腰を深くかがめます。この時には両手が膝の上あたりまで自然に下がるほど腰から上体をかがめます。目上の方に対して、あるいは公式な場の例えば辞令をいただく時等や顧客に対するあいさつもこれが良いです。注意するのは首だけがかくんと前に下がっているのは見苦しく、頭のてっぺんから腰まで一本の木が背中に通っているつもりでします。

行はその次にていねいなお辞儀で、両手が桃の中ほどまで下がるような位置まで腰から上体をかがめます。先輩の前に呼ばれた時あるいは同僚同士の日常のあいさつに適します。草のお辞儀は会釈のことです。廊下等で人にすれ違ったときには会釈します。会社内にいるわけですから先方は何か関係のある方です。顧客か何か関係のある方に違いないですからこういう場合は会釈をします。

お辞儀もその他のマナーも特別のことではなく、社会生活がスムーズに送るための知恵であると考えて、上司や先輩に習っていくのが良いです。素直な心が大切です。

においの豆知識:香水とマナー

自分の体臭やにおいを気にして香水を使用することがあります。自分が選ぶものは自分が好きな香りですから、問題はなく、自分にとって快適に過ごせる、おしゃれのために必要なものとなります。しかし他人も同じにおいを好むかというと、そうでもありません。あまり好きでない香りがきつい場合、多くの人達は不快な思いをすることになります。

香水を使うことは悪いことではなく、うまく使うとおしゃれなイメージになりますのでおすすめできます。

しかし自分中心で多く使いすぎたり、強いにおいのものを使用する場合には、マナーをわきまえることが必要になります。

香水を使用する時には、使用量に注意を払います。使いすぎないことを頭に入れながら、さっとふりかける気持ちで使います。

また使用する際に、適さない場所があることをわきまえておきます。

たとえば葬儀やお通夜の場所では香りのするものはつけないことがマナーになっています。また病院へお見舞いに行く際にも、使用することは避けておきます。狭い病室でにおいの強い香水によって、体調を悪くする人達もいますので気をつけます。妊娠中の人と会う場合や、自宅にそういった女性がいる場合には、香りに敏感になっていますので、強く香りのするものは控えるようにします。香りによって体調を悪くする人もいますので、思いやりをもつことが必要です。

また食事会などで、食事を味わうことが目的の場合には、強いにおいのする香水は控えるようにします。食べ物の味や香りが損なわれることになるからです。

さらには毎日の職場で、香水のにおいがきついと多くの人達に迷惑をかけることになります。クセのない、強すぎない香りのものをさりげなくつけるなどをポイントにします。

香水をつける時には、他人がどう感じるかを意識することが大切です。強い香りや多くつけすぎることを避けると、不快な感じを与えなくなります。マナーをわきまえて、快適に過ごせるよう、注意をすることが必要なことです。

身だしなみのマナー

他人から見て不快にさせてしまうことが無いように、最低限のマナーを身に付けておくことは欠かせません。学生や未成年者の場合はそれほど気にする必要もありませんが、社会に出てビジネスマンとして仕事をしているような方は、特に身だしなみには注意が求められます。会社での立場、取引き先との関係性、年齢や役職により多少の違いはあるものの、ビジネス上で必要な身だしなみのマナーは共通している部分は沢山あります。単に着衣に関することだけではなく、顔を含めた全身を上げることができるので、その内容をチェックしてみることは後々に役立ちます。

顔の身だしなみはヘアスタイルがあります。ビジネス上では華美なヘアスタイルは好まれない傾向にあり、長過ぎたり寝癖が付いたまま、前髪が綺麗に整っていない状態では問題が出てしまいます。カラーの問題もあり、現在ではおしゃれに染髪している人も増えていますが、ビジネス上のマナーでは茶髪は勿論、他のカラーに染めることはNGと考えて間違いではありません。男性であれば髭を綺麗に剃ることも基本です。業界によってはこだわらないという事例もありますが、髭を伸ばしている場合でも、不快感を与えないように綺麗に整えることは欠かせません。

女性の場合はメイクを上げることができます。自然的な見栄えでノーメイクの方が好感度が上がると考えてしまう方もいますが、ビジネス上ではメイクは必須と考えられます。後は着衣に関することがあり、ビジネスマンのケースではスーツ着用を基本としています。年齢に相応しい色やデザインのものを選ぶことが必要なので、例えば若手の方の場合は派手では無く落ち着きのあるシンプルなスーツの着用が求められます。スーツに付随する身だしなみのマナーでは、シューズも重要なアイテムです。相手先企業へ商談に行くような際には、シューズを脱ぐという場面もありますが、履きやすいという理由でスニーカーを利用することもNGです。スーツに合わせるためにも、品格を保つためにもビジネスシューズを履くことは欠かせないマナーです。

贈り物のマナー:お見舞い編

怪我や病気をした人に対してお見舞いをしたい時、看病をしにいく家族でもなければ手ぶらで行くのは失礼です。お見舞いをするときの贈り物ではどのようなマナーがあるのかというと、相手に合わせたものを選ぶことです。お菓子やフルーツがよくお見舞いでは持っていきますが、治療をしていく中で食事制限が行われているかもしれません。砂糖や塩を摂取してはいけないのに、それを含んだ食べ物にしてしまうと、相手に迷惑です。ですから、どんな病気や怪我なのかを事前に調べて、持って行ってはいけないものは避けるようにしましょう。

それから、相手との関係性でも品物はかえたほうがいいです。目上の人であれば、菓子でも高級品を用意したほうがいいですが、親しくしている友人であれば贈り物が負担になってしまうかもしれません。ですから金額的にも控えめで簡単に消費できるものにしたほうがいいです。

お見舞いの贈り物として、定番のひとつでもあるのが花です。しかし、花でも鉢植えにしてはいけません。これは鉢植えだと根付くので、簡単に回復できないという不吉な意味を持ってしまいます。花屋でお見舞い用の花束を頼めば、相応しいものを選んでくれるのでどんな種類がいいのかわからないならプロに任せておきましょう。できれば縁起の良い花言葉を持つものにしておけば、お見舞いの気持ちを込められます。反対に、不吉な花言葉や椿のように花が丸ごと落ちるものは、不吉なイメージがついて回りますから、できれば避けたほうがいいです。

花にはとても香りの強い花もあります。室内に花の香りが充満すると、不快に感じるかもしれないので、香りが控えめな花にしておいてください。なお病院によっては生花を贈ることが禁じられていることがあります。持っていったけど、受け取ってもらえないというのはもったいないので、事前に確認をしておきましょう。

入院をしているときには、タオルや水を使わないシャンプー、体を拭くためのシートなどが必要とされます。そういった日用品をまとめておくれば、相手だけでなく看病をしている家族の負担も減って喜ばれます。

初めてのゴルフ場でも戸惑わない為の最低限のマナー

ゴルフがしばしば「紳士と淑女のスポーツ」と言われる理由の一つに、ゴルフ場内で守るべきマナーの多さが挙げられます。マナーを守れないと最悪の場合ゴルフ場のスタッフから入場を断られたり、強制的に場外にだされてしまう可能性があるので、初めてゴルフ場へ訪れるにあたってはできるだけ多くのマナーを知っておきたいのは当然のことです。しかし、初心者はマナーをすべて覚える必要はなく、最低限のものだけ身につけていれば問題なく場内で過ごすことができます。優しい経験者がいれば、その場でマナーを教えてくれることもあるでしょう。

まず、ゴルフ場では運営管理者が指定した服装で過ごす必要があります。近年はゴルフウェアのまま入場してもOKとするところがあらわれていますが、基本的にはクラブハウス内とコース上で着用しなければならない服装は異なっており、違反している場合はその状態が解消されるまで場内の施設に立ち入ることができません。ゴルフ場の公式Webサイトを見たり、直接施設に問い合わせるなどしてOKな服装を確認し、準備に入りましょう。

プレー用の服装に着替えてコースに出る際は、集合時間に遅れないようにすることが大原則です。最初のホールのティーイングエリアへは、スタート予定時刻の10分前までには到着しておき、全員集まるのを待ちましょう。

プレーが始まった後は他人のプレーを邪魔しないことや、スロープレーで前後の組の客に迷惑をかけないことが原則となります。グリーン上では歩いて移動すること、打つ人の近くに立ったり他人のパッティングラインに踏み入れたりしないこと、ショットで出来た芝生のくぼみは必ず元通りにすること、旗を外したらグリーンの外に置くことがマナーとなっています。

また、ゴルフ場はコース内では禁煙となっているほか、ところによってはクラブハウスも含めて全面禁煙となっている場合があります。普段喫煙をする人はタバコを吸える場所を事前に確認しておき、コースに出る際はたばこをクラブハウスのロッカーの中などにしまっておきましょう。

社会人なら知っておきたい弔事でのマナー

社会人は冠婚葬祭に出る機会も多いので、しっかりマナーを覚えておくと恥ずかしい思いをしなくて済みます。とくに弔事はいつ起こるか分からないので、何をすれば良いか分からないという人は早めに覚えておくようにしましょう。宗教や宗派によってマナーが違うので、可能な限りたくさん覚えておくとどんな場面にも対応できるため安心です。弔事に参加する際は香典袋を用意する必要があるため、まずどの宗教の人なのか確認することが重要と言えます。

仏教であれば袋に御香典や御香料と書けば良いですが、他の宗教は違った書き方をしなければならないので間違えないようにしましょう。どうしても相手の宗教が調べられないというときは御霊前と書けば大丈夫なので、あまり親しくない人の葬儀でも安心して参加できます。使用する袋の種類にも要注意で、相手が仏教だと確信できないときは蓮が描かれていない物を購入してください。家に余っている物があるからと仏教以外の葬儀に使用すると失礼になるので、無い場合は新しく買う必要があります。仏教であればどの宗派でも蓮の絵が描いたものを使用できるので、相手の家に仏壇があるのは知っているけれど詳しい事はよく分からないというときも利用する事が可能です。表書きの下に書く名前は、名字だけではいけないので全て記入するようにしましょう。

葬儀の際に着る喪服は男性は黒いスーツとネクタイに白いシャツ、女性は黒いスーツの他にワンピースを選択できます。靴下やストッキングも黒を使うので、普段使用しないから持っていないという人はいざというときのために家に一足は用意しておくと安心です。女性の場合は持って行く鞄やアクセサリー、髪型などにも気を付ける必要があるため、大勢の人が集まるからと言って普段外出するときのようなおしゃれをしないように気を付けてください。仏教だと葬儀のときに焼香もありますが宗派によって何回やるかが違うので、その場に合った回数だけ行う事が重要です。

覚えておきたい中華料理のマナー

飲食店の中でも、人気なのが中華料理のお店です。中華料理というと、ワイワイみんなでテーブルを囲んで食べるイメージで、厳格なマナーなどはそこまでないように思えますが、実は気を付けなければいけない点がいくつかあります。

まずは回転台のマナーからです。円卓の場合は回転台が真ん中に設置してあるので、くるくる回して自分で食べたいものを取って食べていきます。他の人に取り分けをするのは実はマナー違反になります。ですが、お客さんに取ってもらうのに抵抗があるという場合はお店の人に頼んで分けてもらうという手もあります。ここで気を付けるのは、自分から遠くにあるものを立ちあがって取らないようにするということです。必ず座ったまま台を回して取るようにしましょう。基本的に時計回りの向きで回すのが良いと言われていますが、取りやすい近い方に回しても問題ないと言われています。

中華料理でよく聞くのが、お腹いっぱいになったという意思をあらわすために、料理は一口分残さなければいけないというマナーです。ですが、こちらは自分の取った分を残すのではなく大皿の分をほんの少しだけ残すということになります。ただ、やはり少しでも残すのはもったいないと感じる場合、日本の中華料理店であれば無理にマナーにのっとる必要はないかと思います。あとは、どの料理でもそうですが、綺麗に食べるということを意識しましょう。たとえば取り皿は持ち上げてかっこむのではなく、テーブルに置いたままレンゲなどですくって食べるようにします。麺類に関してもレンゲに取ってから食べるようにします。スープも、音をたてて飲むのはあまり良くありません。

他に、飲茶のお店などであれば食前に自分で食器を洗うというルールがあったりしますが、それは昔のルールなので今は適応されていないということもあります。中国茶が出された場合、少なくなったらお湯を継ぎ足してもらうので、フタをずらして置いておくというサインもあるので覚えておくと良いでしょう。

少しのマナーに気を付けて、中華料理をみんなで美味しく食べましょう。

葬:葬儀のマナー・豆知識

自分の身内や知人が亡くなった時に葬儀に参列しますが、葬儀は冠婚葬祭の1つで、その葬儀に参列するにあたってマナーが大事です。不謹慎な行動をとる気持ちがなくても、マナー違反となる行為をしてしまうと、周りの人々から非常識な人と認識されしまいますのでマナーには気を付けましょう。まず、服装に関しては、男女で共通しているかと思いきや実は違いがあり、男性なら黒のスーツと黒のネクタイと黒の靴でワイシャツは白無地を着用するのがマナーですが、女性は黒又は地味な色のスーツかワンピース、ストッキングは黒か肌色という風に、違いがあるのです。

ただし、いくら地味な色であればいいとは言っても、準備できる時間があれば黒を着用して参列するのが礼儀とも言われています。なお、突然の訃報で会社帰りなどで参列するケースもあり、その場合には、平服でも構いませんが、この場合にも着替える時間が多少あるのであれば、黒を着用する方が良いです。そして、葬儀で受付をする時は、ハキハキとした声ではなく、聞き取りづらい声で挨拶をしなければなりません。ハキハキとした声で挨拶をしてしまうと、悲しみが伝わらず非常に不謹慎と捉えられるため、挨拶に関するマナーはとても大事なのです。

葬式では、焼香を行いますが、焼香では宗派によって回数が異なりますがその他の行為は共通しています。さらに、数珠を手にかけて焼香と合掌を行いますが、数珠の長さにも種類があり、その種類によってこれらの行動が異なるので注意する必要があります。これらも間違えてしまいますと、マナー違反になってしまうのです。なお、やむを得ず葬儀に参列できない場合には、弔電を当日参列する代理人に名刺を持たせて渡すか、当日に渡せない場合には後日にお悔やみ状を故人の親族に送付します。これもマナーの1つです。様々な場面で説明しましたが、葬儀では、故人との最後のお別れを告げるとても厳粛な式であるため、これらのことを守るようにしましょう。

社会人なら知っておきたい結婚式でのマナー

結婚式に招待された時には、気を付けておきたいマナーが色々あります。まずは、基本的なことですが遅刻は絶対にしてはいけません。電車やバスなど交通機関のせいで遅れるような場合には、会場に電話をして伝えておくようにしましょう。新郎新婦は忙しくて連絡が取れないこともありますから、会場に連絡するのがおすすめです。

それから服装も冠婚葬祭などフォーマルな場に相応しいものを選ぶ必要があります。男性の場合はスーツですが、派手な色や柄物は避けた方が無難です。白いスーツは新郎とかぶってしまうのでおすすめできません。

それから女性の場合には、着物やフォーマルなドレス、ワンピースなどが結婚式に相応しい服装になります。あまり露出の多い服はフォーマルな場には相応しくありません。着物の場合には、振袖や訪問着などがあります。未婚の女性が振袖を着ると会場が華やかになるので、喜ばれることも多いようです。それから白いワンピースやスーツは、避けるようにしましょう。白は花嫁の色なので控えるのがマナーとされています。靴はヒールのあるパンプスが無難です。フラットシューズはカジュアル過ぎますし、ブーツやサンダルなども相応しくありません。黒いドレスなどはマナー違反ではありませんが、それだけだと暗い印象になってしまうのでアクセサリーなどで華やかにするといいかもしれません。

ただし、レストランウェディング等カジュアルな雰囲気のパーティのような場合には、もう少しくだけた装いで大丈夫なこともあります。同じレストランウェディングでも会場によって全く雰囲気が異なるので、カジュアルな服装で行くと場違いになってしまうこともあるので注意が必要です。

ご祝儀を包む際には、折れたり型崩れしたりしないように袱紗に包んでいくのがおすすめです。ご祝儀を渡す時にはお祝いの言葉を添えて手渡すようにしましょう。ご祝儀には新札を使用するのがマナーなので、それも事前に用意しておきます。

夏場のスーツの下に適したインナーの服装のマナー

スーツの下に着るワイシャツやネクタイなどは、様々な種類があるためシーンや季節に合わせて選ぶことができます。

夏場問題になるのがスーツの下に着るインナーです。スーツのインナーは、おしゃれを左右するポイントの1つになります。

高温多湿な日本ではインナーを着ないという人もいますが、汗をかいたときにワイシャツが肌に張り付いて見た目としても相手に不快感を与えてしまうことがあるため、ビジネスマナーとしてインナーを着ることが良しとされています。

しかし、意外と気にしていないという人も多く、実はマナー違反となってしまっている可能性も考えられます。身だしなみをきちんと整えるためにも、インナーまで整えることが大切です。

ワイシャツの下に着ることのできるインナーは半袖、長袖、タンクトップ、ノースリーブの4つに分けることができます。

ビジネスシーンでは、オールシーズン使い回しすることのできる半袖が最適です。一見タンクトップやノースリーブは夏場に良いのではないか、という人もいますが、熱がこもりにくく涼しいというメリットがありますが、汗をかくと脇に汗じみができてしまうため避けたほうが無難と言えます。

インナーは白色が基本となります。インナーの服装マナーとして、シャツから透けないようにすることがポイントですので、清潔感があり透けにくい白が基本色となります。

また、近年ではシャツから透け肉としてベージュやライトグレーも人気になってきています。

インナーを着る場合には、襟の部分にも気をつけます。インナーには丸首とVネックの2種類がありますが、ビジネスシーンではどちらも問題なく着れます。ただし、ワイシャツからインナーが見えないようにノーネクタイの時には丸首はきないようにします。

夏場クールビズをしている職場も増えてきています。ジャケットを着ずに過ごす、逆にスーツを着るという場合には涼しく過ごすことのできる冷感インナーを着用することもオススメです。