社会人なら知っておきたい弔事でのマナー

社会人は冠婚葬祭に出る機会も多いので、しっかりマナーを覚えておくと恥ずかしい思いをしなくて済みます。とくに弔事はいつ起こるか分からないので、何をすれば良いか分からないという人は早めに覚えておくようにしましょう。宗教や宗派によってマナーが違うので、可能な限りたくさん覚えておくとどんな場面にも対応できるため安心です。弔事に参加する際は香典袋を用意する必要があるため、まずどの宗教の人なのか確認することが重要と言えます。

仏教であれば袋に御香典や御香料と書けば良いですが、他の宗教は違った書き方をしなければならないので間違えないようにしましょう。どうしても相手の宗教が調べられないというときは御霊前と書けば大丈夫なので、あまり親しくない人の葬儀でも安心して参加できます。使用する袋の種類にも要注意で、相手が仏教だと確信できないときは蓮が描かれていない物を購入してください。家に余っている物があるからと仏教以外の葬儀に使用すると失礼になるので、無い場合は新しく買う必要があります。仏教であればどの宗派でも蓮の絵が描いたものを使用できるので、相手の家に仏壇があるのは知っているけれど詳しい事はよく分からないというときも利用する事が可能です。表書きの下に書く名前は、名字だけではいけないので全て記入するようにしましょう。

葬儀の際に着る喪服は男性は黒いスーツとネクタイに白いシャツ、女性は黒いスーツの他にワンピースを選択できます。靴下やストッキングも黒を使うので、普段使用しないから持っていないという人はいざというときのために家に一足は用意しておくと安心です。女性の場合は持って行く鞄やアクセサリー、髪型などにも気を付ける必要があるため、大勢の人が集まるからと言って普段外出するときのようなおしゃれをしないように気を付けてください。仏教だと葬儀のときに焼香もありますが宗派によって何回やるかが違うので、その場に合った回数だけ行う事が重要です。

葬:葬儀のマナー・豆知識

自分の身内や知人が亡くなった時に葬儀に参列しますが、葬儀は冠婚葬祭の1つで、その葬儀に参列するにあたってマナーが大事です。不謹慎な行動をとる気持ちがなくても、マナー違反となる行為をしてしまうと、周りの人々から非常識な人と認識されしまいますのでマナーには気を付けましょう。まず、服装に関しては、男女で共通しているかと思いきや実は違いがあり、男性なら黒のスーツと黒のネクタイと黒の靴でワイシャツは白無地を着用するのがマナーですが、女性は黒又は地味な色のスーツかワンピース、ストッキングは黒か肌色という風に、違いがあるのです。

ただし、いくら地味な色であればいいとは言っても、準備できる時間があれば黒を着用して参列するのが礼儀とも言われています。なお、突然の訃報で会社帰りなどで参列するケースもあり、その場合には、平服でも構いませんが、この場合にも着替える時間が多少あるのであれば、黒を着用する方が良いです。そして、葬儀で受付をする時は、ハキハキとした声ではなく、聞き取りづらい声で挨拶をしなければなりません。ハキハキとした声で挨拶をしてしまうと、悲しみが伝わらず非常に不謹慎と捉えられるため、挨拶に関するマナーはとても大事なのです。

葬式では、焼香を行いますが、焼香では宗派によって回数が異なりますがその他の行為は共通しています。さらに、数珠を手にかけて焼香と合掌を行いますが、数珠の長さにも種類があり、その種類によってこれらの行動が異なるので注意する必要があります。これらも間違えてしまいますと、マナー違反になってしまうのです。なお、やむを得ず葬儀に参列できない場合には、弔電を当日参列する代理人に名刺を持たせて渡すか、当日に渡せない場合には後日にお悔やみ状を故人の親族に送付します。これもマナーの1つです。様々な場面で説明しましたが、葬儀では、故人との最後のお別れを告げるとても厳粛な式であるため、これらのことを守るようにしましょう。

社会人なら知っておきたい結婚式でのマナー

結婚式に招待された時には、気を付けておきたいマナーが色々あります。まずは、基本的なことですが遅刻は絶対にしてはいけません。電車やバスなど交通機関のせいで遅れるような場合には、会場に電話をして伝えておくようにしましょう。新郎新婦は忙しくて連絡が取れないこともありますから、会場に連絡するのがおすすめです。

それから服装も冠婚葬祭などフォーマルな場に相応しいものを選ぶ必要があります。男性の場合はスーツですが、派手な色や柄物は避けた方が無難です。白いスーツは新郎とかぶってしまうのでおすすめできません。

それから女性の場合には、着物やフォーマルなドレス、ワンピースなどが結婚式に相応しい服装になります。あまり露出の多い服はフォーマルな場には相応しくありません。着物の場合には、振袖や訪問着などがあります。未婚の女性が振袖を着ると会場が華やかになるので、喜ばれることも多いようです。それから白いワンピースやスーツは、避けるようにしましょう。白は花嫁の色なので控えるのがマナーとされています。靴はヒールのあるパンプスが無難です。フラットシューズはカジュアル過ぎますし、ブーツやサンダルなども相応しくありません。黒いドレスなどはマナー違反ではありませんが、それだけだと暗い印象になってしまうのでアクセサリーなどで華やかにするといいかもしれません。

ただし、レストランウェディング等カジュアルな雰囲気のパーティのような場合には、もう少しくだけた装いで大丈夫なこともあります。同じレストランウェディングでも会場によって全く雰囲気が異なるので、カジュアルな服装で行くと場違いになってしまうこともあるので注意が必要です。

ご祝儀を包む際には、折れたり型崩れしたりしないように袱紗に包んでいくのがおすすめです。ご祝儀を渡す時にはお祝いの言葉を添えて手渡すようにしましょう。ご祝儀には新札を使用するのがマナーなので、それも事前に用意しておきます。