結婚式でのテーブルマナー

ゲストとして結婚式へ行く際には、テーブルマナーをしっかりと押さえておくことが大切です。まずナプキンについて見ていくと、基本的には二つ折りにして膝の上に置いておくようにしましょう。首から掛けて使用されることもありますが、特別に作られたナプキンならまだしも、通常の物は膝に置いて使用します。万能だからとテーブルやグラスなどを拭くのはNGです。手や口を拭くための物ですので、その他の用途への使用は控えます。なお、汚れものですので、一時的に席を立つ時は、テーブルには置かず背もたれや椅子の上に置いておきます。

フォークなナイフなどのカトラリーの使い方にもポイントがありますが、基本は外側から順番に使っていくことです。料理が出てくる順番に合わせてカトラリーも並べられていますので、内側から使うなどすると狂ってしまいます。食事中にフォークなどを置く際には、ハの字になるようにしておきましょう。これによってまだ食事中というサインになります。また、ナイフの刃は内側に向けておくのがマナーです。逆に食事を終えた場合は、柄を手前とし、4時の方向に揃えて斜めに置いておくようにします。その時も刃は内側に向けます。

ドリンクについてのマナーとして、注がれる時は手に持たずにテーブルに置いておきましょう。グラスがいくつか並べられていますが、サービス係が適したものを使ってくれますので任せておけば安心です。もしドリンクがいらない場合は、グラスの上に手をかざすようにすればOKです。

食事をする際のペースについてもマナーがあり、できれば周りの人と食べる速度を合わせるのが望ましいです。周囲にも気を配りながら食べ進めていくようにしましょう。食事は目上の人が手を付けたのを確認してから自分も食べ始めるのがベターと言えます。カトラリーでかちゃかちゃと音をたてたり、スープをすすって飲んだりするのはマナー違反ですので、音にも注意しながら食べ進めることが大切です。

社会人なら知っておきたい結婚式でのマナー

結婚式に招待された時には、気を付けておきたいマナーが色々あります。まずは、基本的なことですが遅刻は絶対にしてはいけません。電車やバスなど交通機関のせいで遅れるような場合には、会場に電話をして伝えておくようにしましょう。新郎新婦は忙しくて連絡が取れないこともありますから、会場に連絡するのがおすすめです。

それから服装も冠婚葬祭などフォーマルな場に相応しいものを選ぶ必要があります。男性の場合はスーツですが、派手な色や柄物は避けた方が無難です。白いスーツは新郎とかぶってしまうのでおすすめできません。

それから女性の場合には、着物やフォーマルなドレス、ワンピースなどが結婚式に相応しい服装になります。あまり露出の多い服はフォーマルな場には相応しくありません。着物の場合には、振袖や訪問着などがあります。未婚の女性が振袖を着ると会場が華やかになるので、喜ばれることも多いようです。それから白いワンピースやスーツは、避けるようにしましょう。白は花嫁の色なので控えるのがマナーとされています。靴はヒールのあるパンプスが無難です。フラットシューズはカジュアル過ぎますし、ブーツやサンダルなども相応しくありません。黒いドレスなどはマナー違反ではありませんが、それだけだと暗い印象になってしまうのでアクセサリーなどで華やかにするといいかもしれません。

ただし、レストランウェディング等カジュアルな雰囲気のパーティのような場合には、もう少しくだけた装いで大丈夫なこともあります。同じレストランウェディングでも会場によって全く雰囲気が異なるので、カジュアルな服装で行くと場違いになってしまうこともあるので注意が必要です。

ご祝儀を包む際には、折れたり型崩れしたりしないように袱紗に包んでいくのがおすすめです。ご祝儀を渡す時にはお祝いの言葉を添えて手渡すようにしましょう。ご祝儀には新札を使用するのがマナーなので、それも事前に用意しておきます。